食物繊維

食物繊維とは「人の消化酵素で消化されない食品中の難消化成分の総称」と定義されており、糖尿病、ガン、心疾患などの生活習慣病を予防する効果があり、5大栄養素に続く第6の栄養素として注目されています。
水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維に大別され、水溶性食物繊維は胆汁酸を吸着して排泄することができ、胆汁酸の原料となるコレステロールが新たに胆汁酸となってコレステロール値を低下させる働きや小腸でのブドウ糖の吸収を抑制したり、食後の血糖値の急上昇を抑制する作用があり、大腸内の善玉乳酸菌のエサとなって腸内環境を改善するといった働きがあります。
不溶性食物繊維は水分を吸収し便を柔らかくして便の量を増やし、腸のぜん動運動を促進することによって便秘の改善にもなり、腸内の有害物質やナトリウムの排泄などの効果もあるとされております。

 

食物繊維の摂取目安

栄養素食事摂取基準の1日の目安量は30〜49歳の場合は男性26g、女性20g 摂取カロリー:1000カロリー当たり、約10グラム

 

併せて摂りたい栄養素

乳酸菌

 

マルチビタミン&ミネラル

主なビタミンを集めて配合したマルチビタミンと主なミネラル(微量元素)を集めて配合したマルチミネラルを併せたサプリメントであります。
良好な健康を維持するための基本のサプリメントでビタミンやミネラルは体内で相互に協力して働くので、マルチビタミンミネラルの形で摂るのが良いとされています。
ミネラルはビタミンの吸収や働きを高め、例えばビタミンCはカルシウム、鉄、銅、コバルト、ナトリウムといった5つのミネラルによって効力が高まります。
通常、配合されるビタミンはベータカロテン、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンDなどで、ミネラルはカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレン、クロム、マンガン、銅、ヨウ素、モリブデン、ヨウ素などです。
それにバイオフラボノイド(ビタミンP)などが加えられており、日本ではビタミンAの過剰摂取を避けるため、ベータカロテンだけが配合されることが多く、ビタミンAとベータカロテンが1:1で配合されたものが最も良い働きをするといわれています。
さらにカロテノイド類やビタミン様物質、ハーブ類、抗酸化物質、酵素など多種類の栄養素を配合したタイプのサプリもあるそうです。
配合される物質や含有量には製品によって異なり、選ぶ場合は成分表示を必ず確認するようにしてください。
総合ビタミン剤はマルチビタミンと一緒で複数のビタミンを配合したもので、ビタミンA主剤やビタミンB1、ビタミンB2を主剤としているものが多く、それにビタミンBコンプレクスに近いものも多いみたいです。
それに医薬品として使用できるタイプのビタミンを配合しているのもあるみたいです。
ビール酵母やクロレラなどはマルチビタミン&ミネラルに近いものとして利用することができます。

 

pickup

仲介手数料最大無料の不動産を豊富に掲載しております

瀬谷区 新築一戸建て

全国どこでも高価買取いたします。

プロジェクターの買取はこちら

スマホ・ガラケー 業界トップクラスの高価買い取り!

横浜のiPhone修理

格安料金!カメラマンやヘアメイクの手配も承ります。

レンタル撮影スタジオ 大阪

オーナー様とワンちゃんを結ぶコミュニケーションの一つがHotChocolateでありますように。

犬の服

Last update:2015/8/12